愛車との寂しいお別れ…

廃車の手続き方法は?

廃車の手続き方法には、いくつかの方法があります。
一般的な方法は、他車との乗り換え時に、今の車を処分してもらう方法で、状態のいい車であれば、乗り換えの車を少し値引いてくれるかもしれませんが、状態が悪ければ、逆に処分費用が掛かってしまい約3万円ぐらいと言われています。
もう一つの方法は、廃車買取り専門業者を利用する方法です。
この方法は、所有者の持ち出しなどは一切発生しません。
最低でも税金分は戻ってきますし、不動の車であれば無料で引き取ってくれます。
また、状態が良ければ少し値段をつけて買取ってくれます。
この業者は、車を車としてだけでなく資源の一部としても査定してくれるために必ず値が付きます。
手続き方法も通常と変わりませんので、行ってみる価値はあります。
また、中古車と廃車の境目は、中古車屋さんで査定を行ってみて値がつけば中古車で、値がつかなければ処分をするといった見方が一番いいと思います。
書類などの手間がありますが、手順方法を郵送してくれるので車の処分を考えていたり、乗り換えを検討している方は、お勧めします。
手続きをする場合は、3月が忙しいのでそれ以外の月か、年度末以外がすいていてスムーズに手続きが進みます。

自分でも簡単にできる廃車マニュアル

車両の老朽化や事故などによりこれまで愛車を廃車にするしかないとお考えの方には、もちろん業者や行政書士に依頼する方法もありますが、その費用を抑えて実は自分でも簡単に行うことができます。
そこで、まず車両の解体は、自宅近くの解体業者へ持ち込み或いは引き取りを依頼してスクラップにして貰うことができます。
この際の費用については、持ち込みでは1万円程度が相場となっていますが、業者によっては無料や金属の価値として幾らか貰えるところもあります。
一方、引き取りの場合には距離にもよりますが、牽引費用等がプラス1万円強加算されるのが一般的です。
また、自動車リサイクル料として国産普通車は約1万円、軽自動車は約8千円支払う必要があります。
次に、車を解体した後は解体業者からナンバープレートと解体報告書を受け取り、普通車は各都道府県の陸運局、軽自動車は軽自動車検査協会で手続を行います。
この際必要なものは、車検証とこれに記載されている所有者の印鑑証明書、前述のナンバープレート2枚と解体証明書、あと各施設で用意されている抹消登録申請書の5点です。
但し、車検証の住所変更がある場合には戸籍附票も必要です。
そして、必要書類を全て窓口へ提出して手続を済ませば完了し、自動車税や重量税また自賠責保険の還付は後日通知されます。


pickup




軽井沢で不動産についてご相談に乗ります


軽井沢 不動産


最終更新日:2019/4/18

『廃車』 最新ツイート

@matsukiyokun

アメリカ・ファーストの結果だもの。日本に合わせようなんてこれっぽっちも思ってない。日本側が「一切の税金、買ってから廃車するまで全てゼロ」にして、日本に合うの作ってくれたらバカ売れ(アメ車だらけ)でっせ?! https://t.co/Ni5N0NFo9T

24秒前 - 2019年05月27日


@zero_0319

車がおニューになりました( ◜ᴗ◝) 2万→16万は本当に頑張ったわ 廃車ではないからあっちでも頑張るんだぞ~(´ω`)ノ https://t.co/OuE0jF50FX

1分前 - 2019年05月27日


@sakurasakutokod

息子 学生時代は何度も財布、買ったばかりの定期券、携帯、iPodを落とす。 車はすでに3台廃車。 スピード違反、シートベルトで何度も捕まる。 会社務めも続かない。 心配で仕方ないけど、家に縛り付けておく事出来ないからどうしたものか…泣

3分前 - 2019年05月27日



△トップへ△